ホルミシス療法とは
ホルミシスとは?
微量の放射線は生命にとって有益である
1982年、これまでの定説をくつがえす見解がアポロ計画の中で提出されました。
宇宙飛行士は2週間もの間、地球の何百倍という宇宙線(放射線)を浴びるが、身体にとってどのくらいのダメージになるのか?
当時のNASA医学顧問でミズーリ大学の生命科学教授であったトーマス・D・ラッキー博士は、「人体への放射線の影響」を10年にわたり調査したのです。
予想に反してその結果は、「宇宙飛行士たちは宇宙に行くと元気になって帰ってくる」というものでした。
放射線ホルミシス効果を発表した
トーマス・D・ラッキー博士
微量放射線は人体に対して刺激として働き、生体を活性化させ、生命活動にとってはかえって有益である
米国保健物理学会「Health Physics」誌(1982年12月号)に論文発表され、微弱な放射線による人体への効果は、ギリシャ語の「horme(刺激する)」より「放射線ホルミシス」と名付けられたのです。

ラッキー博士が提唱した放射線ホルミシス効果
微量な放射線は次のような効果がある
① 免疫機能の向上 ② 身体の活性化 ③ 病気の治癒 ④ 強い身体をつくる ⑤ 若々しい身体を保つ
どんな効果があるのか
ホルミシスルームやバドガシュタイン鉱石を使った健康法

酵素の活性化
老化や病気の原因といわれる、活性酸素を除去する抗酸化酵素が増加。

ホルモンの活性化
鎮痛作用のあるメチオエンケファリン、やる気を出すアドレナリン、血糖値をつかさどるインスリンなど、約160種類のホルモンが活性化して体全体の調子が整う。

基礎体温の上昇
免疫力や基礎代謝、体内酵素の働きが良くなる。

細胞が元気に
細胞膜の透過性が向上して、細胞が若返ったり体内ホルモンが活性化する。
効果
効果image
ホルミシス効果とは?
ホルミシス効果とは、ラドンの吸引などで適度な刺激を与えることで活性酸素を発生させ、それに対抗する抗酸化作用を自らの体で生み出させることにより得られる様々な効果のことをいいます。適度な刺激を与えられた体は適応能力(生体防御)を高めることが出来ます。

米国ミズリー大学・生化学教授のラッキー博士は、ホルミシス効果によって自然治癒力を高めると、その結果、ホルモンのバランスが整い、免疫力の向上、老化防止(アンチエイジング)、血行促進・体温上昇などの効果があると提唱しています。
テレビでも最近では取り上げられ、玉川温泉などは、ガンに効能を発揮するなどでも有名です。
ホルミシス療法の効能
抗ガン作用
ホルミシス療法により微量の放射線を浴びると、ガン抑制遺伝子と呼ばれるP53遺伝子が活発化します。DNAの傷ついた細胞は、このP53遺伝子が作り出したタンパク質によって分裂を抑えられ、または自然死(アポトーシス)させられます。その結果、抗ガン効果が得られます。

病気の進行抑制
活性酸素による細胞の酸化と遺伝子の損傷は、ガンをはじめさまざまな難病を引き起こします。ホルミシス療法は抗酸化酵素を増加させ、活性酵素による病気の進行を食い止める効果が期待できます。

免疫系とホルモン系の励起
〜病気の回復や健康生活の維持に〜
免疫系の活性化により有害細胞が除去され、病気の回復効果が高まります。 また、アドレナリン、インシュリン、β-エンドルフィンなど健康な生活に必要なホルモン分泌量が増加します。

鎮痛効果
痛みを緩和するホルモンの分泌が促進されます。

老化防止
〜体の機能が活性化します〜
活性酸素によって作られた過酸化脂質が取り除かれ、細胞の若返りが起こることで、各臓器の機能や脳神経機能にも若返りがもたらされます。

アレルギー疾患の改善
〜アトピー性皮膚炎や花粉症など〜
アレルギーの原因の一つとされる活性酸素を取り除きます。また、抗酸化効果や免疫細胞(T細胞、B細胞)を活性化させることが分かっています。
効果が期待できる症状
・疲労
・肩こり
・腹痛
・むくみ
・糖尿病
・脳卒中
・動脈硬化
・各種がん
・頭痛
・便秘
・冷房症
・体が冷える
・アンチエイジング (しみ、しわ、たるみ)
・美肌効果
・自律神経失調症
・パーキンソン病
・アルツハイマー
・生理不順
・生理痛
・潰瘍性大腸炎
・クローン病
・自己免疫疾患
・更年期障害
・メニエール病
・高血圧
・神経痛
・打撲、捻挫
・ムチウチ
・関節リウマチ
・喘息
・アトピー
・花粉症
・肌が荒れる
医学的観点のホルミシス効果
体内酵素が増える 体内酵素が増える
ホルミシス効果により、体内に約3,000種類ある酵素が活性化していきます。万病の原因は、体を酸化させる活性酵素にあるといわれます。この活性酵素を除去する抗酸化酵素が飛躍的に増加することが確認されています。
細胞が元気になる 細胞が元気になる
活性酵素が万病の原因とされるのは、脂質を酸化させ過酸化脂質にするからです。細胞膜を硬化させて透過性が悪いくなると老化を早めます。ホルミシス効果では、細胞膜の過酸化脂質を減らし透過性を良くすることが確認されています。
ホルモンが活性化する ホルモンが活性化する
ラドンガスなどの低線量放射線のホルミシス効果により、体内のホルモンが活性化していきます。実験データではさまざまなホルモンが明らかに増加するという結果が確認されました。体の中から美肌をつくり若返りも促進していきます。
生体の防御機能を高める 生体の防御機能を高める
本来ヒトは、生まれながらに自然治癒力を持っていますが、様々な生活環境や年齢を重ねることで機能が低下していきます。ホルミシスでは、生体の防御機能を高め、自分自身で再生・防御できる体へと造り上げていきます。
基礎体温が上がる 基礎体温が上がる
現代人は、ストレスにより自律神経やホルモンのバランスが乱れ、低体温の人が増えています。ホルミシス効果によって、これらのバランスを正常に整え回復させることで基礎体温が上がることが期待できます。
アンチエイジング アンチエイジング
私たちの身体の各部位や臓器の細胞は、毎日生まれ変わっています。ホルミシス効果により新陳代謝が活発になり、細胞の生まれ変わりが早まります。若返りの効果が、からだの内側から期待できます。
ホルミシスはどんな働きをするの?
1.体内酵素が増えます
万病の素 活性酸素が増える原因
ラドンなどの低線量放射線が取り入れられると、それが刺激となって、体内に約3,000種類ある酵素が活性化していきます。万病の原因はからだを酸化させる活性酸素にあるといわれてますが、活性酸素を除去する抗酸化酵素「SOD」「GPx」も飛躍的に増加することが確認されています。
万病の素 活性酸素が増える原因
2.細胞膜が元気になります。
細胞膜透過性がよくなると細胞間の連絡がスムーズになります。すると…
活性酸素が万病の原因といわれるのは、脂質を酸化させて過酸化脂質にするからです。過酸化脂質は細胞膜を硬化させて透過性をなくし老化を早めます。ラドンなどの低線量の放射線はその刺激作用によって、細胞膜の過酸化脂質を減らして透過性を良くすることが確認されています。
3.ホルモンが増えます。
160種類のホルモンが活性化します。
ラドンなどの低線量放射線の刺激作用によって、体内のホルモンが活性化していきます。実験データでは炭水化物の代謝を調整して、血糖値の恒常性を維持するホルモン「インスリン」が倍になりました。痛みを緩和し鎮痛作用のあるホルモン「メチオエンケファリン」、やる気を引き起こす「アドレナリン」、自律神経を整えて、幸福感を呼び起こす「ベータエンドルフィン」などが明らかに増加するという結果が出ています。
低線量放射線ホルミシスによるホルモン活性
9種類の美容ホルモンでぴちぴちに
美容ホルモンでからだの中から美肌をつくり男女ともに若返りが促進されます。
皮膚の弾力を増す
シワを減らす
脂肪が減る
骨密度が上がる
性ホルモンの分泌
幸せ感を与える
若返りホルモン
神経ホルモン
中枢神経の働きが向上
神経疲労が回復
女性らしい体型
頭皮を支配
女性ホルモン
コラーゲンの分泌を促す
皮膚の張り
男性ホルモン
睡眠と覚醒のリズムを調整
細胞の代謝率を上げる
免疫を強める
女性らしい体型
女性ホルモン
4.ガンが抑制されます。
ガン抑制遺伝子p53が活性化します。
低線量の放射線(X線)を臓器に照射した実験では、各臓器の細胞内でガン抑制遺伝子p53が活性化していることが確認されました。ガン細胞の増殖が抑制され、DNAの損傷が修復されて、修復不可能な細胞は自発的な細胞死(アポトーシス)へと導かれることになります。
低線量放射線ホルミシスによるガン抑制遺伝子の活性
ガン抑制遺伝子p53の活性変化
5.糖尿病や生活習慣病に。
生体の防御機能を高めます。
ラドンなどの低線量放射線の刺激作用によって、からだの防御機能が高まることが確かめられています。糖尿病になりやすい体質のマウスに低線量の放射線(X線)を照射すると、グラフのように糖尿病発症の抑制が明らかになりました。さまざまな生活習慣病にも同じような働きが期待できます。
ページトップへ