風水とは
風水とは
古人が自然から学びとった環境学です。 住環境を整えることで、心身共に健康で快適な生活を送ることができるのです。
風水の起源
紀元前の黄河文明時代に遡ります。当時の稲作民族が生きていくためには、作物が育つ土地と水の確保が必要不可欠でした。また、せっかく育った稲が風で倒されてしまったら食べものにならないため、強い風の影響を受けない土地であることも重要でした。

「いかに確実に作物を収穫し、豊かに暮らせる土地を見極めるか」それは生きて行くための知恵であり、快適に暮らすための環境学だったのです。「風」と「水」が生活に及ぼす影響を見極めて生き抜くこと、それが風水の起源となったのです。
風水の基本思想のひとつ「陰陽」「五行」
古来の人々は、太陽や月の動き、天気や季節の移り変わり、山脈の隆起や河川の流れ等、様々な自然の摂理の中から東洋思想のベースとなる「陰陽」「五行」という思想を導きだしました。

この「陰陽」「五行」という思想は、気功、鍼灸、漢方、薬膳などの東洋医学や、天文学、易学、そして風水学のベースとなっただけでなく、古来からのしきたり、作法、暦、都市計画等、私たち の身の回りに今でも脈々と息づいています。
陰陽太極図 < 陰陽 >とは
全ての物や事柄は互いに対立する性質を持った二つの気で成り立っているという考え方です。
例えば男と女、右と左、天と地、昼と夜、静と動などがあげられます。

太極図が、この陰陽を象徴的に表しています。下に向かう黒い部分が陰、上に向かう白い部分が陽で、陰が強くなればやがて陽に、陽が強くなればやがて陰になることをあらわし、陰と陽には移りかわりがあることを示します。

また、陰や陽がいちばん多くなっている部分の目玉のようなものは、陰の中の陽、陽の中の陰をあらわし、いくら強くなっても完全な陰や完全な陽がないことを示すものです。
< 陰陽太極図 >
< 五行 >とは
自然界のすべては「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素で成り立っているという考え方です。五感、五体、五臓をはじめ、味覚、色彩、季節、感情、方角など多くの物や事柄が五行にあてはめられています。
五行図 5つの要素ははお互いに影響し合っています。となり同士の性質は相生関係であり、向かい合う性質は調整する相克関係となります。

木は土に勝ち、土は水に勝ち、水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝つというのが「相剋」です。

木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ずるというのが「相生」といいます。 この関係は永遠の循環を示すものです。
< 五行図 >
ページの先頭へ