風水建築とは
風水建築とは
大地のエネルギーをコントロールし、周囲の自然環境と住む方の運気に合わせて環境を整え、よい気の流れる空間を作り出す建築です。風水住宅は、自然環境と調和した建築であり、なんとなく気持ち良いと感じたり、リラックス若しくは集中できる空間となります。その為には、現地の環境を良く調査することが大切になります。

現代日本の住宅は、機能が優先され、電気エネルギーで全てを調整し、便利な反面無機質な空間となってしまいがちです。しかし、そのような住宅でも風水を活用することで自然を取り込み、自然と共存し、有機質で温もりのある空間を実現できるのです。このように、風水住宅を取り入れることで、精神面、健康面でも安定した生活を送ることができるのです。
気の流れの整え方
どんな建物にもいくつかの「気の通り道」があります。建物の位置や形により気の流れ方は異なります。建物の中の気の流れを調整する場合、まず、どこにどんな気が流れているかを鑑定します。次に、それぞれの場所に流れている「気の種類」に合わせて、植物や水など自然のものを適切に配置し、気の流れを整えていきます。

自然のものを使って、自然エネルギーと調和した居心地のよい住空間(気の流れのよい住空間)へと調整するのが風水術なのです。
気の流れの良い家に住むとどうなる?
「気の流れの良い場所」とは、居心地のよいリラックスできる空間のことです。当然ながら、そこに住む人の健康や精神面にも良い影響を与えます。逆に「気の流れの悪い場所」では、不安定で落ち着かず、気分も沈みがちになってしまい、健康面、精神面にも大きなダメージを与えてしまいます。生活環境は、私たちの健康や心の安定にも大きく影響しているのです。

ストレスの多い社会に生きる現代人にとって、リラックスできる快適な住環境で生活することは最も重要です。自然エネルギーと調和した居心地のよい住空間で生活することで、健康面、精神面でも安定した 生活を送ることができるのです。
ページの先頭へ